投資のソフトと折れ線について

折れ線グラフ

最近の金融市場においては非常に大きな変化が訪れてきており、一般の投資家においてもこの変化についていかなくてはならなくなっています。
大きな変化としては現在の市場においては売買はインターネットで行えるようなってことで、24時間いつでも取引ができる環境にあります。
さらには、現在の取引は自動売買に対応した取引も実施できる証券会社も増えてきており、より多くの取引がプログラムで実施するようになってきました。
ここで投資のソフトを販売する人たちも多くなってきており、チャートなどの折れ線を利用することで売買のアルゴリズムを組み立てるソフトができました。
また、現在の市場の変化を指標やチャートを観測しながら売買タイミングを計っていくようなソフトが出てきました。
さらに、ドローダウンやロスカットの割合に関してはソフトのアルゴリズムにより非常に左右され、より高価な価格で売買されているのが、右肩上がりに資産が増えていくようなソフトについてはより売れる形になっています。

しかし、アルゴリズムに関してはにているソフトも多くなるため、イベントが起こると一方方向に売買されることもあり、非常に急な折れ線を描くことにもなります。
さらに、現在の投資スタイルに関しては自動売買ありきの投資スタイルをイメージしておかなければならず、多くの人たちがこういった時代の変化に対してノーガードに取り組んでいるため、現在においては大きな損失を被る可能性もでてきています。
このような状況のなかで、自動売買システムの特徴と今後のアルゴリズムがどのようなトレンドを描くのかをきっちりと押さえておくと、プログラムの動きを読むことができ収益チャンスにも向かうようになっていきます。